変える、変えさせる

変える、変えさせる

自分を変える。簡単にはできませんね。

何か必要に迫られる、いや切羽詰まったら変えようとする。

まさに、受験期の生徒によく見られる状況です。

中3になったら目覚める、なんていうのはまだ良いほうだと思います。

よくあるのは、内申がほぼ確定してから「やばい!」と言って真剣に取り組みだすパターンです。

ここでは、切羽詰まって今までの姿勢を変えようとするわけです。

「もっと早く始めればよかった」というつぶやきも……

「その通り!!」と叫びたい気持ちを抑えて、「まだ間に合うよ」と励まします。

変えられなかった本人の責任はありますが、私の力不足もあるわけです。

もっと自立心を高められなかったのか、もっと早く焦らせることはできなかったのか。

酒量が増える日もあったりして。

子どもの成長は千差万別で、皆一様にはいかないのが現実です。

だからこそ個別指導で個々の子どもの成長を後押しするんです。

まだまだ私自身の変化も足りないことを日々痛感して、授業も進め方も変えながら子ども達の成長を後押ししています。

変化は自分から。

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。